Keynoteの使い方☆はじめに

投稿日:

アプリ☆

keynote

はじめに

Keynoteはアップルの提供するプレゼンテーションアプリだ。

テキスト文字や見せたいピクチャー画像を入れたスライドを1枚1枚順番に見せて行く事によって、話し手の意図する内容を相手に的確に伝え、しかも確実に時間内に終了する事のできる優れものと言える。

この強力なアプリはMacとiPhoneやiPod、そしてiPadとシームレスに連携する事によって最大の力を発揮するだろう。

例えば、ポケットやカバンに入れて持ち歩けるiPhoneを使ってkeynoteで作ったスライドファイルを開く事ができるので、外出の際に頭に閃いたアイディアをそのままスライドにして試せば、会社や学校などに帰った後にiPadでそのファイルを開き、スムーズに作業を共有しながら完成まで進める事が可能だ。

さらにはMacを使って完成したスライドを動画に書き出したり、PDFやイメージ画像として保存する事も出来るから、クリエイティブな仕事にピッタリと言える。

また、オフィスで使用するパワーポイントとの親和性も強みの一つで、パワーポイントで作成したファイルを「ほぼそのまま」開く事が出来るので、keynoteがある事で作業の時短は勿論、その分、プラスアルファの仕事や勉強、あるいは趣味の時間が増える訳だ。

そこで今回から誰でも分かり、初心者にも優しい「キーノートの使い方」について順番にお話してゆくつもりなので、Macの苦手なWindowsユーザーにも、Macはなくて、iPhoneを持っているが、キーノートは使った事がないよという学生諸君らの所には特に届いて欲しいと思っている。

それでは早速始めてみたい。

 

スポンサードリンク

-アプリ
-

Copyright© Asahi曰く , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.