Keynoteでバードを描く

投稿日:

アプリ☆☆

今日はバードのイラストをMacのKeynoteで描いてみました。
※前回のKeynoteで図形を使ってみるの続きです。

バードイラスト12

 Keynoteの図形ツールから「ペンで描画」を選択

まず ツールバーから図形の■マークをクリックすると、図のような直線や矢印、○や△などのオブジェクトが現れますので一番下の「ペンで描画」とという所にまでポインタを持っていって再びクリックします。

Keynoteでイラスト

するとポインタが矢印からペン先に変わり、直線を引く事が出来るようになります。

keynoteで描画

 

この引いた直線を使ってバードらしく曲線にして描くのです。

バードを各パーツで作ります。

ここではバードを一気に作成するのではなく、出来る所から描きました。

1から6 バード各部

1 .頭 2.目 3.口はし 4.胴体 5.右のつばさ 6.シッポ

結構めんどくさい感じですが、作業と思えば楽ですよ。

バードの各部 7から9 

 

7.クラウン  8左のつばさ9. 足  

ここまでのまとめをアップルから一部引用します。

  1. ツールバーの「図形」 「図形」ボタン をクリックしてから、「ペンで描画」をクリックします。

  2. スライド上のいずれかの位置をクリックすると、その位置に、カスタム図形の開始ポイントができます。

  3. ポインタを移動し、クリックして別のポイントを作成します。この操作を繰り返して、必要なだけポイントを追加します。

    クリックしてからドラッグして、曲線セグメントを作成します。

 

思った通りの曲線にしたいものです。

次回に続きます。

スポンサードリンク

[ad#smart-1]

 

スポンサードリンク

-アプリ
-

Copyright© Asahi曰く , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.