プレゼンならKeynoteで決まり

投稿日:

 アプリ☆

マックのプレゼンテーション用アプリとして知られるキーノート(Keynote)。今回はその魅力について語ってみたいと思います。

 

キーノート

▼簡単便利なアプリ。

Keynoteは白や黒からスタートしますが、その他にもテンプレートが充実しているので簡単便利です。サイズも標準とワイドの2種選べます。

テンプレート

▼プレゼンはKeynoteで決めよう!

実際に現場でのプレゼンは画像スライドを使う事が多いと思います。例えばNGOの研修旅行の報告会などにはKeynoteを使うともって来いのスライドが出来上がります。

キーノート2

▼誰でも出来る所がうれしい。

Keynoteは画像もこのように簡単処理。インスペクタで画像を調整します。

キーノート5

図形も使いましょう。

キーノート6

 

文字(テキスト)もご覧の通り。

キーノート7

 

▼最後に気をつける事

打ち合わせの段階で話し手の内容に従った画像を選び、スライドを作成します。本番用の為にマックでもウインドウズマシーンでも両方使えるように「ファイル」からPDFで書き出します。ちなみにPDF文書はマックではプレビューで開きますが、プレビューについてはKeynoteと組み合わて使えば苦労なし。

素晴しいプレゼンでは視覚にも訴えるという事から、スライドも目が丸くなる位食いつかれます。

1回1回しっかり担当者と打ち合わせてスライドを作成しましょう。

スポンサードリンク

[ad#smart-1]

スポンサードリンク

-アプリ
-

Copyright© Asahi曰く , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.