Motion5 SDとHDについて調べてみた。

投稿日:

Motion5 プリセット☆

早速ですが以下の図1をご覧下さい。

図1

 SDとHD

この図1はテレビの画質を表していますが、一番最初のSDというのがアナログテレビの画質で標準画質と呼ばれるものです。

例えば、昔のビデオテープは大体SD画質ですから、基本このSD動画をMotion5のキャンパス全面(100%)で使うにはSD=標準画質を選択する事になると思います。

※HDの1つのレイヤーとしてSD動画を小画面に組み入れる使い方はありと考えています。

それからフルハイビジョン(FHD)は今のデジタル放送用の最高画質です。つまり、アナログでは大きすぎて使えない画質ですので、Motion5でフルハイビジョン画質で撮影した動画を使う場合、SD画質を選択してはいけない訳です。

ちなみに4KUHDというのはスーパーハイビジョン、8Kというのは4Kの2倍のスーパーハイビジョンで4K8K共々映画館のスクリーンでますます美しく上映出来るレベルでしょうね。

 

次に図2をご覧下さい。

ワイド画面でもっと美しい映像が見たい

SDTV HDTV.png

図2

SDTV HDTV」 Wikipedia

画2を見るとSD画質の方はHD画質に比べてより真四角に近い感じがします。それからHDの方はSD画質に比べるとより横長で大きくワイドな画面になっていると思います。つまり、昔のアナログテレビと今のデシタルテレビとの形の違いは画面の広さにあった訳ですね。(当たり前ですが。)

これはやはりワイド画面でもっと美しい映像が見たいというニーズに沿ったものでしょうか。思うに映画館での体感をテレビにもというビジョンでしょうね。

Motion5はプロ用のアプリですから、こういう事にも対応している訳でそれがプリセットですね。こう来るとFCPが必要だなと思うでしょうが、そんなに気張る必要もないので楽しんでいきたいと思います。なんたってMotion5は5,000円ですから気が楽なのです。

Motion5プリセット

次回に続きます。

スポンサードリンク

-アプリ
-

Copyright© Asahi曰く , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.