ニューヨークの地下ミュージシャン事情

投稿日:

日記☆

最近とある留学系サイトを見て知ったのが、アメリカのニューヨークの地下鉄駅構内でミュージシャン達が活発に演奏しているとの事で、地下までもがアートに変化しているというものでした。

bird-newone

▼地下鉄駅構内に登場するミュージシャン達

特にニョーヨーク州が主催するミュージシャンオーディションで合格したミュージシャンの活躍は素晴らしく、既にブロとして活動する者もいるようです。中でも、"のこぎり"を使った音楽パフォーマンスとも呼べる女性ミュージシャンやオーストラリアの民族楽器を使った人気男性ミュージシャンが地下鉄駅構内に登場するようになり、「地上では味わえない、ユニークで独特のライブ」を繰り広げているからびっくりなのです。


Saw Lady こと、ナタリア・パルツさん。

▼新しいニューヨークを支持

私もニューヨークには一度、ツアー旅行で訪問した事がありまして、メトロポリタンミュージアムやセントラルパークなど、大都会の文化や雰囲気を楽しんだ思い出もありますが、地下鉄などの音楽事情までは地上の観光名所めぐりで忙しい団体旅行者には届くはずもありません。

私はこの事を知ってニューヨークも大いに変わって来たものだと思いました。それはニューヨークに住みたいと思う人が、これから少しずつ増えてゆくのだろうな、という事で、地下でのユニークなライブが、"ひとつの新しいニューヨーク"を表現し、実際多くの人がその事を支持している訳なのです。

▼ニューヨークで異文化体験をするのが一番

そうして、このような新しいニューヨークの姿、つまりこれから多民族・多文化国家としてさらに進んで行くであろうアメリカをアッピールするものとして、それをリアルに肌で感じたいのであれば、やはり実際アメリカに行ってニューヨークで住んで見るのが一番という事になります。

異国の生活で培われる感性というのは、異文化との接触で大いに刺激を受けるもの。アメリカ留学を志す若人には一生の体験になるかも分かりませんね。

【センスが良すぎるアートの街】NYで広がる地下鉄オーケストラのパフォーマンスに感動! by 留学広報部

 

スポンサードリンク

-日記

Copyright© Asahi曰く , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.