右側と左側 "Left Side,RightSide"

投稿日:

エッセイ☆

今日は右側と左側というお題で何かお話しようと思いますが、この右側と左側というテーマについて知っている事、ご自分の体験などある人は是非コメントをお寄せ下さい。

▼交通ルール

先ずは身近な所で交通ルールです。日本では自動車も自転車も左側通行で、右側からは帰りの対向車がやって来ます。ちなみに列車の場合はどうかと言えば、必ずしもそうでなくてはいけないという事はないようです。

電車

▼エスカレーター

エスカレーターの昇降は東京と大阪では違うようです。東京は左側に立ち、大阪では右側に立つという事ですが、文化の違いなんでしょうかね。

エスカレーター

▼席次

和式の場合は床の間から見て二人並んで座る場合は左が上で右が下になります。婚礼等も男子が上で女子が下になるので、左が男子、右が女子というようになります。

結婚

この場合、参列者は床の間に向かって男女に対面しますが、右に男子、左に女子というポジショニングになります。※これらは昔からの伝統=古式だと思われ、今の流行とは違うようです。

スポンサードリンク[ad#smart-1]

▼神社参拝・仏閣の仁王像

神社では真ん中を正中といい、詣でる人々は真ん中をさけて通ります。その際、やはり左側から進んだ方が良いと思いますが特に決まっていなければ深く考えなくても良いかもしれません。

東大寺南大門金剛力士

またお寺のあうんの仁王像等は寺の中から見て左があ形の口で、右がうん形の口をしているのが多いらしいので、やはり上下の対になっているようですね。

▼バッターボックス

ほとんどの野球選手は後ろから見て左側に立ちますが、左右に優劣付けるとすると左が優になります。これは投手が右投げの選手が多いせいでしょうかね。知っている人がいたら教えて下さい。

バッター

長くなったので今回はこれ位にしておきます。

スポンサードリンク

-エッセイ

Copyright© Asahi曰く , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.