iMac-Yosemiteのトラブル解決!!

投稿日:

OSX☆ディスクユーティリティを使おう!!

Macがトラブった時はこいつアイコン

この前から新しくなったMacOSX  Yosemiteについて書いていますが、今日はマックがトラブった時の対処についてです。

▼MacintoshHD→アプリケーション→ ユーティリティ→ディスクユーティリティー

まずはハードデイスク内のアプリケーションにあるユーティリィティを探しますが、めんどくさい方はルーペマークのスポッライト検索で「ディスクユーティリティ」と入力して下さい。次に検索結果としてアイコンが表示されますのでそのアイコンをクリックします。

すると以下のようなユーザーインターフェース(UI)が現われますので、「MacintoshHD」を選択し、アクセス権の検証をクリックします。

 

トラブル時

図1 クリックしてアクセス権を検証中

※中止したい時は再びクリックします。

▼アクセス権の修復

アクセス権の検証が終わったら次はアクセス権の修復ボタンをクリックします。するとアクセス権の修復が始まり、なにやら「・・のはず」とか、「ユーザー」とか、「グループ」とか、意味不明の文字が出てきます。そこでチョイと調べると、

"rwx" や "r-x" などの省略表記は、一人のユーザや全員のアクセス権を表します。各ファイルやフォルダに対するアクセス権のセットは、3 つのエントリへのアクセスを定義します:オーナーグループ、およびすべてのユーザ

これはファイルの読み書きや開いたりすると言った事を定義したもののようで、「ファイルが開かない」時などはアクセスが出来なくなっている訳です。

トラブルが解決しました。

図2 アクセス権の修復が完了

数分で「アクセス権の修復が完了」するようですね。これでトラブル解決です。

ちなみにアクセス権について詳しく知りたい方はこちらを参照して下さい。

 スポンサードリンク

[ad#smart-1]

スポンサードリンク

-OSX
-

Copyright© Asahi曰く , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.