気になるAppleのお店の多くはおしゃれ。

投稿日:

ワールド☆

世界中にあるアップルストア。今日は東京、ニューヨーク、上海を見てみましょう。

 東京

まずは東京の銀座店です。
applestore_ginza1

(C) Apple Inc.                                家電量販店のような外観

 

ニューヨーク

次にアメリカはニューヨークの中央駅のお店。newyork(C) Apple Inc.             駅構内というよりかライブラリーのような感じ

上海

最後は中国の上海のお店。 上海店

 (C) Apple Inc.          マネキンが置いてあってもおかしくない感じのお店

 

アップルストア とは?

ウェッブサイトではこう言っています。

Apple Storeはショッピングのためだけの場所ではありません。新しく手にしたApple製品について学ぶのに最高の場所でもあります。無料のワークショップでは、製品の基本を詳しくご紹介します。スキルを次のレベルに引き上げたいなら、Macを購入した際に、One to Oneのトレーニングに申し込むこともできます。

なるほど。Shopといわず、Storeとしたのもこのようなやり方を展開する必要があったからですかね。もっともAppleのようなグローバル企業ならではのものかもしれませんが。

Mac、iPad、iPhone、iPodでできるあらゆることを実際に体験してみませんか。 iPhotoでスライドショーを作る方法も、iMovieでムービーを編集する方法も、文書、スプレッドシート、プレゼンテーションを最高に美しく仕上げる方法も、すべて詳しくご紹介します。

これはやはりアップル製品を買っただけで使い方がイマイチ分からないですもんね。つまり、売る事は使い方を教える事でもあるようです。だから、電話だけでは分からない事もアップルストアへ行けば分かりやすくなるかも。

スポンサードリンク

-WORLD

Copyright© Asahi曰く , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.