サッカーワールドカップは誰の手に?

投稿日:

WORLD☆スポーツ

W杯サッカーブラジル大会

▼ブラジルで開催されているFIFAワールドカップサッカー決勝戦

注目のドイツ対アルゼンチンの試合は、どちらが勝つにしても負けるにしても、勝利の女神の采配で決められますので面白い事間違いなさそうです。

両ナショナルチームは共に優勝経験あり。Asahi曰く、記憶に残る所ではドイツはベッケンバウアー監督がチームを率いた時ですね。あの人はすごかったように思います。今思えば堅実なドイツ人達をまとめるのにピッタリ、マッチしてたんでしょうね。

それからアルゼンチンと言えば、思い出されるのはやはりマラドーナ。ドリブル突破の力強さは彼の持っていたオリジナルでしょうか。マラドーナの現役時代のメキシコ大会にアルゼンチンが優勝しています。

▼ちなみに両チームのこれまでの優勝回数は

  • ドイツは3回。
  • アルゼンチンは2回。

だ、そうです。

-両チームの特長を知った上で試合を見れば、観戦がさらに面白くなる-

そこで思うには、組織力に長けたドイツと繊細でパワフルな個人技に長けるアルゼンチンのどちらに点が多く傾くか、という事です。今大会ではそれぞれドイツにはミュラー、アルゼンチンにはメッシというポイントゲッターがいるようですが、どんな活躍を本番で見せてくれるのかワクワクしますよね。

[ad#smart-1]

 

 

スポンサードリンク

-WORLD

Copyright© Asahi曰く , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.