経営層とIT部門双方の努力が必須

投稿日:

 ワークスタイル変革

IT部門には、最新のテクノロジを柔軟に取り入れ、自社のビジネスに生かすことを常に考えつつ適切な提案ができることが求められている。同時に、経営層や人事部門には、新たな働き方を受け入れ、それに対して適切な評価を行える体勢づくりが必要だ。

気になるページはこちら

 

スポンサードリンク

-気になるリンク

Copyright© Asahi曰く , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.