はじめに

ペンネーム、BirdAsahiです。

今回からプロジェクト支援グッズも色々と出してゆきますのでよろしくお願いします♪

注目サイト TABICA

今日は、ブロガー必見の注目サイト「TABICA」について簡単にご紹介したいと思います。TABICAは我が国のメディアも個人個人による情報発信時代に突入している昨今、ブロガーの皆さんが個人ブログで取り上げている好きなテーマをリアルな場所で読者やゲストの目の前でレクチャーしたり、ワークショップを行ったり、あるいは街歩き等で気になるスポット探求ツアーを開催したりと、ブログテーマ体験企画を保険付で開催する事が可能になり、副収入としてもオススメできるものです。

地元の人が企画し、地域の暮らしや観光地を案内する体験ツアー

これまでの旅行と言えば、企業や専門業者が用意したコンテンツを楽しむものでしたが、ここ数年の民泊ブームによって、民泊では得られないサービスを提供できるものとして、地元の人が企画し、地域の暮らしや観光地を案内する「体験」企画ツアーが徐々に人気になって来ています。これを「民旅」と呼んでいますが、手作りで温かみを感じる世界にひとつだけの特別な体験を提供する事により、その人気はさらに日本全国に拡大して行く事でしょう。

現地集合・現地解散の気楽な民旅づくり

TABICAは日本各地の民旅を掲載しているサイトで、日本を代表する民旅プラットフォームとして知られるまでに成長して来ています。民旅は現地集合・現地解散の自由で気楽な地域体験ツアーを提供するもののため、誰にでも体験ツアーのホストになれるチャンスがあります。

実はこれまでは体験企画ツアー開催するホストは体験スキルを持った当事者でした。例えばハンドメイドの品物を作る人だったり、減農薬農家の夫婦の方だったりしたようですが、これからの新しいホスト像としては案内役として地域の魅力を発掘し、プロデュースするという地域プロデューサーとも呼べる活動に変わって行くようなのです。

地域プロデューサーによるこれからのまちづくりのリアルなミーティング

つまり、この地域プロデューサーは現地の当事者と参加者を結ぶ役割なので地元ガイドと言っても良いものなので注目すべきなのですが、こっちで言ったらまちづくりコーディネーター的役割ですね。但し、地域プロデューサーの方は幾らかの収入がありますので、ボランティア的なイメージ色の濃いまちづくりコーディネーターや専門家が名乗るまちづくりコーディネーターとのどちらとも違うものと言えましょう。

そこで、ブロガーの皆さんがサイドビジネスの一つとしての民旅のホストになるのも問題ない訳なのでしょう。民旅は地域の人による手作り体験ツアーのため、ある程度の専門知識が必要ですが、地域プロデューサーとして専門家を名乗るまでに行かない場合でも「好きなことを広める体験」企画が十分可能なため、収益化も可能なビジネスモデルの一つと言っても良いものでしょう。

スポンサーリンク