これまでのアップルの片隅に位置していた安価なMac miniが宇宙船のようになって新しく登場しました。高そうですが期待できそうです♪まずは公式動画をご覧ください↓↓

あなたの自宅に飛来する新しいMac mini

小さなボディーなのにSF映画に出てくる宇宙母艦のような凛々しさとミステリアスなイメージを持つ新Mac mini。予想される全てのワークフローに対応可能な装備が充実し、従来通り持ち運びも便利なMacのため、10数台を使用すれば、これまでMac Proでしかイメージ出来なかった大きなプロジェクトもこなせそうなプロユースのマシーンのようです。

新しいMac miniはLogic Pro XとMainstageの強力な味方

新しいMac miniは音楽の制作やライブ配信に強力な味方になりそう。メモリが8GBから最大64GBまで選べるため、音楽の制作中やライブ配信中にアプリがストップする心配はなさそうです。例えばLogic Pro Xだったら、これまでのMac miniでは上位のものでも無理がありました。

これはMain stageでも同じ事で、制作者や演奏スタッフの思い通りには動かないマシンだったのです。今回、新しくなった事で集中して作業出来ない心配もライブ配信中のトラブルの心配も取り除かれたと言っても良いのではないかと思います。まさに使える奴になった訳です。

新しいMac miniはFinal cut Pro Xとの親和性も向上。

新しいMac miniは動画編集にも対応が可能になりました。実はこれまでのMac miniは趣味で動画を見て楽しむ程度のマシンだったので、プロフェッショナルな動画編集には全く不向きでした。というのも簡単な動画編集だったら現場や自宅で使用できるるMacBook Proがその役割をしていたからで、編集の仕上げには会社のMac Pro(今ではiMac Proもありますが)を使っていたのでしょうが、この現場(ホテルなど)-自宅-会社と全てで使えるマシンとして登場したのがこの新しいMac miniなのです。

例えば現場ではiPhoneで撮影した多くの写真や長時間の動画をMacBook Proの写真アプリやiMovieを使ってホテルでチェックをして簡易編集を行います。その後、自宅ではそのiMovieプロジェクトをMac miniのFinal cut Pro Xで開いて編集するのです。そうして会社ではiMac ProかMac Proで目的にあった動画に完成させる訳です。

新しいMac miniを使えばワークフローの選択肢が広がる

大変便利になった新しいMac mini。プロユースという事で価格も変わりましたが、この新しいマシンは手軽に外に持ち出せるため、会社は勿論、自宅でもある程度仕事に使えるという訳で、あらゆるプロジェクトのワークフローの中にMac miniを入れる事でその選択肢も広がり自由度が増すものと思われます。

特に家庭においての存在感がより増した事で、女性の皆さんには最初のMacとして、これまでのように趣味として使用できるマシンですが、さらに仕事もプロ仕様機として楽々こなせるようになったので特にオススメです♪

Mac miniのモデルを選ぶ。
Mac mini
購入のご相談は、 チャット または0120-993-993へ電話でどうぞ。
スポンサーリンク

PR-